【東京モーターショー15】ダイハツ三井社長、ノリオリ は「近未来のマルチユースコミューター」

自動車 ニューモデル モーターショー
ダイハツ プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • ダイハツ プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • ダイハツ ブース(東京モーターショー15)
  • ダイハツ ノリオリ コンセプト(東京モーターショー15)
  • ダイハツ ノリオリ コンセプト(東京モーターショー15)
  • ダイハツ ノリオリ コンセプト(東京モーターショー15)
  • ダイハツ工業三井正則社長
  • ダイハツ工業三井正則社長
  • ダイハツ プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
ダイハツ工業は、超低床フロアと大口径の2ウェイドアによる『ノリオリ』や新ジャンルのスペース系商用車『テンポ』など軽自動車4モデルをワールドプレミアとして参考出品した。

今回のテーマは「POSSIBLE! 明日の『できる』をダイハツと」であり、軽自動車の新しい可能性などを追求して提示している。10月28日のプレスカンファレンスで三井正則社長は、ノリオリについて「乗降がイージーアクセスな軽自動車を目指しており、近未来のマルチユースコミューター」と位置付けた。

また、テンポは「乗用車と同じFF構造で、商用車に不慣れな人にも使いやすいクルマを考えた」という。居住空間の大きい『ウェイク』とプラットフォームを共用することで、商用車として十分な積載スペースも確保する。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集