【MotoGP 第14戦】ヤマハ ロレンソ、今季6勝目…トップ ロッシを追撃

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
  • ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
  • ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
  • ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
9月13日、スペインのモーターランド・アラゴンでMotoGP第14戦の決勝レースが行われ、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が今季6度目の優勝を飾った。

ロレンソは2番グリッドから絶好のスタート。真っ先に第1コーナーへ進入し、マルク・マルケス(ホンダ)がこれに続いた。オープニングラップから積極的にペースを上げていくロレンソは、1ラップ目を終えた時点で0.5秒以上のアドバンテージ。マルケスはその後も懸命にくらいつこうとするが、転倒リタイアとなった。

このときすでに、後続との距離は1.7秒まで拡大。アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、ダニ・ペドロサ(ホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が2位争いを展開する間に、ロレンソはさらにリードを広げて3秒以上のマージンを築いた。単独走行となったロレンソはその後もコンスタントにペースを守り、真っ先にチェッカー。2位に2.683秒差をつけて優勝を飾った。

一方のポイントランキングでトップを走るロッシは激しい2位争いを展開。ペドロサのテールについてチャンスを伺うロッシは、何度もペドロサの前に出たが、最終的には抑え切れずに3位でゴール。ロッシは合計263ポイントでランキングトップをキープしたが、ロレンソが14ポイント差で追っている。

■MotoGP 第14戦
1位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
2位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)
3位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
4位:アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)
5位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)
6位:アレイシ・エスパルガロ(スズキ)

■ポイントスタンディング
1位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)263P
2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)249P
3位:マルク・マルケス(ホンダ)184P
4位:アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)172P
5位:ブラッドリー・スミス(ヤマハ)143P
6位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)139P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集