WRX S4、BRZ にカーシェアで乗れる…カレコ×スバル特設ステーション

自動車 ビジネス 国内マーケット

スバル WRX S4
  • スバル WRX S4
  • スバルBRZ R
  • スバル レガシィ B4
カーシェアリング・ジャパン(CSJ)は、「カレコ×スバル特設ステーション in セルリアンタワー」にて、9月17日より『BRZ』『WRX S4』『レガシィ B4』の3台を新たに導入すると発表した。

CSJは、2015年2月から「カレコ×スバル特設ステーション in セルリアンタワー」を設置し、最新タイプを含むスバルのバラエティ豊かなラインアップを用意している。同ステーションでは、約6か月をめどに定期的な車両入れ替えを行うとしており、今回第2弾として3台のスバル車を導入。WRX S4はカーシェアおよびレンタカー業界において、レガシィ B4はカーシェア業界において、初めての導入となる。なお、WRX S4とレガシィ B4は、安全運転支援システム「EyeSight」を搭載する。

特設ステーション第1弾で導入していた『レガシィ アウトバック』『XV』『フォレスター』の3台は、9月18日から、渋谷区役所前地下駐車場ステーションに新たに導入。これにより、都心のターミナル駅である渋谷駅周辺では、既に導入済みの『レヴォーグ』に加え、計7台のスバル車が導入されることとなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集