【リコール】スズキ アルト、機械式自動変速機に不具合…走行不能となるおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ アルト
  • スズキ アルト
  • 改善箇所
スズキは7月23日、軽自動車『アルト』の機械式自動変速機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト』1車種で、2015年2月16日から7月3日に製造された4041台。

機械式自動変速機を制御するコントローラにおいて、制御プログラムが不適切なため、下り坂でアイドリングストップした状態で、DレンジからRレンジにシフトする操作を行うと、アイドリングストップ後に再発進を補助する自動ブレーキシステムが解除できない。そのため、ブレーキが掛かったままとなり、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、機械式自動変速機コントローラの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース