【MotoGP 第8戦】ロッシ、マルケスとの接戦を制し今季3勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
6月27日、オランダのアッセンでMotoGP第8戦の決勝レースが行われ、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が今季3勝目を上げ、ランキングトップをキープした。

ロッシはポールポジションから絶好のスタートを切ってホールショット。1周目を終えた時点でマルク・マルケス(ホンダ)に0.426秒の差をつけた。食い下がるライバルを振り切ろうとさらにペースを上げるも、ふたりはなかなか離れない。そして4ラップ目、マルケスがついにロッシのテールに迫るが、ロッシはこれを阻止。このあとはそのまま順調にトップをキープしてレース終盤へ突入した。

残り7ラップとなった第1コーナー進入で再びマルケスが動く。これでロッシは一旦は先行を許したもののテールにぴったりとついて行き、4ラップにわたってプレッシャーをかけた後にトップを奪い返した。ロッシは残り2ラップで自己ベストとなる1分33秒673を記録してさらにアドバンテージを広げたが、マルケスも最終ラップの後半で再び差を縮める素晴らしい走り。そしてマルケスが最終シケイン進入で最後の勝負を試み、YZR-M1のサイドに接触。ロッシはコーナーを曲がり切れずに一旦はグラベルへ出てしまったものの、しっかりとマシンをコントロールしてライバルの前でコースに復帰、1.242秒のアドバンテージを保って真っ先にチェッカーを受けた。

■MotoGP 第8戦
1位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
2位:マルク・マルケス(ホンダ)
3位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
4位:アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)
5位:ポル・エスパルガロ(ヤマハ)
6位:カル・クラッチロー(ホンダ)

■ポイントスタンディング
1位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)163P
2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)153P
3位:アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)107P
4位:マルク・マルケス(ホンダ)89P
5位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)87P
6位:ブラッドリー・スミス(ヤマハ)77P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集