【F1 オーストラリアGP】王者ハミルトン、開幕戦を制する…ホンダはバトンが11位完走

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2015F1オーストラリアGPスタートシーン
  • 2015F1オーストラリアGPスタートシーン
  • 優勝を飾ったルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • 圧倒的な強さをみせたルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • ホンダのパワーユニットで11位完走を果たしたジェンソン・バトン(マクラーレン)
  • 2位のニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 移籍後初レースを3位へ終えたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
  • 地元レースのダニエル・リチャルド(レッドブル)
  • 新人ながら上位争いに食い込んだフェリペ・ナスル(ザウバー)
2015年のF1開幕戦オーストラリアGPの決勝が15日、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われ、昨年のチャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季最初のウィナーに輝いた。

待ちに待った今シーズン最初のレースはスタート前から大波乱の展開に。予選6番手を勝ち取ったバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)は背中の痛みを訴え、検査の結果安全のためレース欠場。さらにグリッドにつくためにピットアウトしたケビン・マグヌッセン(マクラーレン)とダニール・クビアト(レッドブル)がトラブルでコース上にストップ。なんと15台でのスタートとなった。

スタートから予想通りハミルトンとチームメイトのニコ・ロズベルグが集団から抜け出しライバル勢を置き去りにする。今年も開幕戦からメルセデス同士のバトルになったが、昨年王者のハミルトンが終始レースをコントロール、トップを死守し優勝。通算34勝目を飾った。2位には1.3秒差でロズベルグが入りメルセデス勢がワン・ツーフィニッシュ。3位に入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に34.5秒もの大差つける圧勝ぶりだった。

注目のマクラーレン・ホンダは、スタート前にマグヌッセンがトラブルでストップしたため、ジェンソン・バトン1台のみで奮闘。予想通り我慢の展開となるが、前半はセルジオ・ペレス(フォース・インディア)相手に1歩も譲らぬバトルを展開。最終的にレースペースでは劣っており逆転を許してしまうが、終盤まで粘り強く走り11位でチェッカー。テストでも達成できなかった305km以上のレース距離を初めて走破し、開発途上のマシンながら見事完走を果たした。結局18台中、完走がわずかに11台。2015年のF1開幕戦はサバイバルレースとなった。

2015 F1オーストラリアGP 決勝結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
4.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)
5.フェリペ・ナスル(ザウバー)
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
7.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
8.マーカス・エリクソン(ザウバー)
9.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)
10.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
11.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集