【トヨタ アルファード 試乗】「S系」グレードはシリーズ中のベスト・バイかも…島崎七生人

試乗記 国産車
トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
  • トヨタ アルファード S“Aパッケージ”
『アルファード』の“S系”のグレードは、いわゆるエアロ仕様の外観が特徴。通常なら「お好みであればどうぞ」と言うところだが、同車の場合は、少々、事情が異なる気がした。

標準車のデザインよりもスマートにさえ見えるからだ。顔まわりではグリル開口部が標準車はL車のスピンドル…風だが、こちらは折り返しを入れずスッと伸ばし、その左右にフォグランプを収めた大型の開口部(風)を設けた構成。このバランスがいい。またサイドスカートも専用ながら、フレアが控えめでボディとの一体感が高い。いかにも付加物を取り付けました的ではない自然さだ。

試乗車は7人乗りで、2列目シートも十分に立派。プレーンだが高水準の快適性をしっかりと味わわせてくれる。

走りも快適。2.5リットルエンジンは軽快で洗練されたパワーフィールが光る。乗り味も上質で、不思議とボディサイズを感じさせないスムースな取り回し性、運転のしやすさということもあり、シリーズの中でも実はベスト・バイかも…そう思わせられる仕上がりぶり。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース