【SEMAショー14】トヨタ 86 をカスタマイズ、爽快なタルガトップに変身

自動車 ニューモデル 新型車

ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
  • ヘッド-ターニング・タルガトップ FR-S
トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは10月30日、米国で11月に開催されるSEMAショー14において、サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

トヨタ86は2012年、米国でサイオンFR-Sとして発売。以来、SEMAショーでも、カスタマイズのベース車両として、人気を集めてきた。今年のSEMAショーで初公開されるのが、『ヘッド-ターニング・タルガトップFR-S』。

その名の通り、クーペボディの86を、タルガトップ化。これは、Cartel Customs社のアイデアによるもの。タルガトップ化により、爽快なオープンエア走行が楽しめる。

ボディカラーは、陽気な「カリフォルニアブルー」で塗装し、ブラックのタルガトップ部分とのコントラストを演出。ワイドボディ化されており、リアスポイラーはボディ一体デザインとした。

さらに、車高をローダウンし、19インチホイールを装着。センターエグゾースト、GReddyのターボキット、KW製サスペンション、Wilwoodの大容量ブレーキ、パイオニア製の高性能オーディオも採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集