【カーオブザイヤー14】スモールモビリティ部門 はホンダ N-WGN が受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ N-WGN
  • ホンダ N-WGN
  • 本田技研工業 人見康平氏
  • ホンダ N-WGN
  • ホンダ N-WGN
  • ホンダ N-WGN
「日本カーオブザイヤー2014-2015」が13日に開票、「スモールモビリティ部門」でホンダの軽自動車『N-WGN』が受賞した。

N-WGNは、ホンダの「Nシリーズ」第4弾として2013年11月に登場。広い室内空間と装備の使い勝手の良さや、スムーズでパワフルな走りと優れた燃費性能の両立、充実した安全装備、存在感あふれるエクステリアデザインと上質なインテリアなどが特徴の軽自動車。

受賞理由は、「軽自動車という枠をはるかに越えた安全性への取り組みによって、 JNCAP5つ星という快挙を成し遂げた。その驚きの衝突安全性能に加えて走行安定性能の高さも際立つ。ハード面でのクオリティの高さが徹底的に追及されており、軽自動車全体の底上げに貢献すると期待できる。」としている。

また、日本カーオブザイヤー実行委員長の鈴木俊治氏は、「(スモールモビリティ部門は)例年にない激戦だった。それだけ素晴らしい軽自動車が多く出た一年だった。日本の新しい軽自動車の元年として、記憶に残るような1年になる」とコメントした。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集