ゴーン日産社長、ダイムラーとの提携規模は今後6年で2倍に

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車のカルロス・ゴーン社長と独ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長は10月3日にパリで共同会見し、ともにルノー・日産とダイムラーの提携関係の強化に意欲を示した。

両グループは2010年4月に提携を発表し、小型車の共同開発やパワートレインの共有化などを推進している。共同開発の第1弾としてルノーはこのほど新型『トゥインゴ』を投入、ダイムラー側も来月には新型『スマート』シリーズを発売する。両グループは2017年からはメキシコの日産工場の隣接地に合弁工場を開設し、インフィニティとメルセデスベンツのブランドによる高級コンパクトカ―の共同生産でも合意している。

会見でゴーン社長は、具体的な金額の明示は避けたものの提携による事業規模(売上高)が「向う6年で2倍以上になる」との見通しを示した。そのうえで「提携が始まった4年半前には、メキシコで共同生産することや、インフィニティとダイムラーでプラットフォームを同じにすることは考えられなかった」とし、「提携にリスクはつきものだが、われわれは目覚ましい成功を収めている」と評価した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集