【グッドデザイン14】マツダ デミオ がベスト100に「5ナンバーと思えぬほど躍動的」

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
  • マツダ デミオ 新型
マツダが9月より販売を開始した新型コンパクトカー『デミオ』が、グッドデザイン賞ベスト100に選出された。「魂動」コンセプトによる「5ナンバーと思えぬほど躍動的」な外観や、「サイズを忘れさせる自然な運転姿勢を実現」などが評価された。

新型デミオは、『CX-5』、『アテンザ』、『アクセラ』に続き、新世代技術「SKYACTIV」と「魂動」デザインを採用する第4弾モデルで、「クラスの概念を打ち破る」ことを目標に開発がおこなわれたコンパクトカー。デミオとしては4世代目にあたる。新開発の1.5リットルディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D」を搭載し、ハイブリッド車、軽自動車をのぞくエンジン搭載車で最高となる30km/リットルを実現したこともトピックだ。

「卓越した存在感と質感」を実現するために、クルマを生き物としてとらえる「魂動」をコンパクトカーとして再解釈、走りの骨格を追求し爆発的な前進感や、獲物を睨みつけるような瞳を前後ライトに採用し生き生きとした表情を作る、カラーコーディーネーションが可能で圧倒的に質感を高めたインテリアの採用など、創意工夫をおこなった。

マツダは、「機能効率偏重の最右翼であるコンパクトカー市場に新型デミオを投入し日本車の真価を問います。」と同賞の選考に向けコメントしている。

ベスト100への選出にあたり、「疾走する猛獣を思わせる緊張感あふれる面の張り、スピード感あふれる線の動きは、5ナンバー枠内で構築したとは思えぬほど躍動的」であることや、「インテリアはクラスの水準を抜く質感の高さもさることながら、前輪の位置を従来より前に出すことで、サイズを忘れさせる自然な運転姿勢を実現」したこと、新開発のディーゼルエンジンとともに「人間が自らの意志で手足を動かし目的地を目指すという、自動車の根源的な喜びを五感で堪能できる」ことなどが評価された。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集