北米カーオブザイヤー2015、第2次選考10台…トヨタ カムリ とホンダ フィット が残る

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ カムリの2015年モデル
  • トヨタ カムリの2015年モデル
  • 新型 ホンダ フィット 米国仕様
北米カーオブザイヤー主催団体は9月24日、「2015北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーの第2次選考10台のリストを発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で22回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

2015北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの第2次選考10台は、以下の通り。

アキュラTLX
アウディA3
クライスラー200
フォード・マスタング
ホンダ・フィット
ヒュンダイ・ジェネシスセダン
ヒュンダイ・ソナタ
メルセデスベンツCクラス
トヨタ・カムリ
フォルクスワーゲン・ゴルフ

例年、地元の米国ビッグ3の新型車で賑わう北米カーオブザイヤーだが、第2次選考にGM車はなし。フォードの新型『マスタング』と、クライスラーの『200』の2台のみとなった。

また、ドイツ勢では、第1次選考に最多の4車種をノミネートしていたBMWが脱落。メルセデスベンツの新型『Cクラス』、アウディの新型『A3』、フォルクスワーゲンの新型『ゴルフ』の3モデルが顔を揃える。

日本車では、トヨタが大幅改良を施した『カムリ』。ホンダは、新型『フィット』とアキュラ『TLX』の2台が残った。スバル(富士重工)は、新型『レガシィ』と新型『WRX』『WRXSTI』が脱落。

韓国メーカーでは、ヒュンダイが新型『ジェネシスセダン』と『ソナタ』の2車種。今後は12月にファイナリスト3台に絞り込まれ、2015年1月のデトロイトモーターショー14で、2015北米カーオブザイヤーが発表される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集