【白馬EV・PHVワンダーランド14】増岡浩選手駆るパイクスピークマシン MiEV Evo IIIが大激走

エコカー EV

MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • MiEV Evolution III(白馬EV・PHVワンダーランド14)
  • 日産 リーフ ニスモ RC
  • 日産 リーフ ニスモ RC
  • 日産 リーフ ニスモ RC
9月6日に開催された白馬EV・PHVワンダーランド14では、EVレーシングカーのデモランもおこなわれた。日産からは『リーフ ニスモ RC』が、三菱からはパイクスピーク・ヒルクライムに出場し、総合2位を獲得した『MiEV Evolution III』が登場。

リーフ ニスモRCは、日本EVクラブ副会長でモータージャーナリストの御堀直嗣氏をドライブ。またMiEV Evolution IIIは、なんとパイクスピーク・ヒルクライムで監督兼選手だったラリードライバー増岡浩氏がドライブした。

MiEV Evolution IIIは、前後4基のモーターから構成される電動4WDマシン。専用パイプフレームとカーボン製カウルを備え、モーターは4基合計450kW(約600馬力)という圧倒的なパワーを発揮する。間近に見る電動レーシングマシンはさすがの迫力で、わずかなモーター音とともに飛び出したMiEV Evolution IIIは激しいスキール音を響かせながら、派手なテールスライドを連発した。

《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集