【IIHS衝突安全】ホンダ フィット、米国で再テスト…トップセーフティピックに認定[動画]

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型ホンダフィットの米IIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
  • 新型ホンダフィットの米IIHSスモールオーバーラップ衝突テスト
米国IIHS(道路安全保険協会)から8月21日、最高の衝突安全性を備えた「トップセーフティピック」に認定されたホンダ『フィット』。その衝突テストの映像が、ネット上で公開されている。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するという内容。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも実施。また今回、新型フィットは、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを、再び受けた。これは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだが、車体のメインフレームよりも外側に強い衝撃が加わるため、厳しい判定を下される車種が多い。

新型フィットは2014年初頭、このスモールオーバーラップ衝突テストを受けた。結果は、4段階評価で下から2番目のMARGINAL(可)。そこで、ホンダは、フロントバンパー内のビームの溶接を、強化する改良を実施。すでに米国で販売された約1万2000台に無償でこの改良を施し、2014年6月以降の生産車についても、同様の改良を施した。

そしてホンダは、再びIIHSに対して、新型フィットのスモールオーバーラップ衝突テストを要請。その結果は、ダミー人形の頭/首、脚への傷害レベルが、上から2番目のACCEPTABLE(良)だったものの、胸、大腿部への傷害レベルが最小限で、GOOD(優)。ボディの安全構造に対する判定は、上から2番目のACCEPTABLE(良)。スモールオーバーラップ衝突テストの総合評価は、ACCEPTABLEと、2014年初頭のMARGINALから改善した。

この結果、新型フィットはIIHSから、トップセーフティピックに認定された。改良の成果が表れた新型フィットのスモールオーバーラップ衝突テスト映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【NHTSA】マツダ アクセラ 新型、最高の衝突安全性能を認定 画像 【NHTSA】マツダ アクセラ 新型、最高の衝突安全性能を認定
  • 【ユーロNCAP】日産ノート 新型、4つ星…最高評価に届かず 画像 【ユーロNCAP】日産ノート 新型、4つ星…最高評価に届かず
  • 【JNCAP】「5年は出てこない」予想を覆し、N-WGNが軽初の5つ星 画像 【JNCAP】「5年は出てこない」予想を覆し、N-WGNが軽初の5つ星
  • 【JNCAP2013】VW ゴルフ、輸入車初の5つ星獲得 画像 【JNCAP2013】VW ゴルフ、輸入車初の5つ星獲得
  • 【JNCAP2013】トヨタ クラウン、JNCAP大賞を受賞…過去3年で最高得点 画像 【JNCAP2013】トヨタ クラウン、JNCAP大賞を受賞…過去3年で最高得点

特集