【ホンダ VTR 改良新型】どんな人でも乗りやすく、親しみやすい小排気量ネイキッド[写真蔵]

モーターサイクル 新型車

ホンダ VTR
  • ホンダ VTR
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR シリーズ
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
本田技研工業は、ロードスポーツモデル『VTR』シリーズを改良し7月18日から発売した。同車にはローダウン仕様『VTR Type LD』を新たに追加。ベーシックよりもシート高15mm低く設定し、老若男女、経験問わず、あらゆるタイプの人に対応したモデルとなった。

ボディサイズは全長2080mm×全幅725mm×全高1055(LDは1045mm)。ホイールベースは1405mmでシート高はベーシックが755mm。LDは740mmとなっている。ちなみに『CBR250R』のシート高は780mmである。

パワーユニットには249cc水冷4サイクルV型2気筒DOHCエンジンを搭載。最高出力30ps/1万500、最大トルク2.2kgmを発揮する。

カラーはVTRにブラック、ホワイト、シルバーメタリックの全3色、LDにはレッド、ホワイトの全2色をラインアップ。価格はVTRが59万8320円、LDが60万9120円となる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集