【ホンダ CB250F 発表】タイとのコラボによるデザイン…アグレッシブさを表現

モーターサイクル 新型車

ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
  • ホンダ CB250F
本田技研工業は、新型ネイキッドモデル『CB250F』を8月1日に国内発売する。鋭角的なデザインの「ストリートファイター」スタイルを採用し、若年のエントリー層から30代をメインターゲットとする。

CB250Fのメインマーケットは日本とタイ。同車のデザインは、両国のコラボレーションによるものだと本田技術研究所二輪R&Dセンター、デザイン開発室の宮本史郎氏は言う。

「タイの技術者の意見も積極的に取り入れデザインしたため、全体的に面と直線を基調とした、シャープなスタイルとすることができた。現在のアセアン地域では、直線基調のデザインを好む傾向にある」(宮本氏)。

続けて宮本氏は「デザインのモチーフとしたのは、4月より販売している『CB650F』。CB250Fには、そのテイストを盛り込みながら、タイの意見も加えたことにより“キビキビ元気よく”というイメージ通りのデザインとすることができた。もし日本の技術者だけでデザインが行なわれていたなら、ここまでシャープなデザインにはならなかった」と語った。

デザインが完成した感想について、開発責任者の徳増信貴氏は「タイの技術者とは喧々諤々と意見をぶつけ合った。しかし最終的には、自分たちが持っていたイメージに合致したデザインとなったため、良いコラボレーションができたと自負している」とコメントした。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集