【BMW i3 発売直前】ドライバーとクルマをITでつなぐ「BMW i コネクテッド・ドライブ・スタンダード」を標準装備[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
BMWジャパンは次世代モビリティである電気自動車『i3』を2014年4月5日より日本に導入する。「iシリーズ」はBMWブランドの中のサブブランドという位置付けで、ブランドの中においてサスティナビリティイメージを高めていくポジションにある。

i3には「BMW i リモート・サービス」を含む「BMW i コネクテッド・ドライブ・スタンダード」が標準装備されている。これは、車載通信モジュールで、ドライバーやクルマ、周辺の環境をITネットワークでつなぐ「BMW コネクテッド・ドライブ・スタンダード」を電気自動車向けに専用開発したもの。公共の充電ステーションで充電が必要な場合には、現在地周辺で利用可能な充電ステーションが表示されるシステムである。

さらに「BMW i リモートアプリ」を使うことで、スマートフォンから車両を遠隔操作が可能。充電状況の確認やルート計画をスマートフォン上で行うことができる。

気になる充電方法だが、i3の日本仕様は「CHAdeMO(チャデモ)方式」の急速充電に対応しており、1回の充電で走れる航続距離は約130kmから約160km。走行モードを「ECO PRO」にすると約180km、「ECO PRO+」にすると約200kmまで航続距離を伸ばすことができる。(BMW社内基準)また、レンジ・エクステンダー装着車には647ccの直列2気筒エンジンを搭載。9リットルの燃料タンクを装備し、航続距離は約300kmに伸びる。

充電時間は普通充電で7時間から8時間(200V)。急速充電では約30分で80%まで充電が可能だ。

価格はi3が499万円、『i3 レンジ・エクステンダー装着車』が546万円からとなっており、補助金交付額はi3が40万円、i3 レンジ・エクステンダー装着車が75万円である。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

  • BMWグループジャパン、2013年は全世界で5番目の販売台数を記録 画像 BMWグループジャパン、2013年は全世界で5番目の販売台数を記録
  • BMW 2シリーズクーペ にロボットカー…自動ドリフト走行[動画] 画像 BMW 2シリーズクーペ にロボットカー…自動ドリフト走行[動画]
  • 【BMW i3 発売直前】i3が主張するEVのあるべき姿と日本仕様の特徴とは 画像 【BMW i3 発売直前】i3が主張するEVのあるべき姿と日本仕様の特徴とは
  • 【BMW i3 発売直前】「 iシリーズ」は「M」と対をなすブランドのブックエンドになる 画像 【BMW i3 発売直前】「 iシリーズ」は「M」と対をなすブランドのブックエンドになる

特集