【日産 セレナ 新型】先進・快適装備を追加、室内自由度広がる[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
  • 日産・セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
日産は、ミドルサイズミニバン『セレナ』をマイナーチェンジし、昨年12月25日より発売した。

新型セレナは、衝突回避支援システムなどの先進安全装備を標準で備え(20S除く)、「S-ハイブリッド」の燃費性能は16km/リットル(JC08モード)を達成。エクステリアはフロントグリルやバンパーなど全体的にリフレッシュし、室内はスマートマルチセンターシートの採用により、レイアウトの自由度を向上させた。

S-ハイブリッドに搭載されるエンジンは、2リットル直列4気筒(147ps、21.4kgm)にモーターが加わる(2.4ps、5.5kgm)。ボディサイズは、全長4770×1735×1865mmで、ホイールベースは2860mmだ。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

特集