【デトロイトモーターショー14】BMW M3セダン 新型と M4 クーペ、初公開へ…カーボン製ルーフで80kgの軽量化

自動車 ニューモデル 新型車

新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
  • 新型BMW M3セダン
ドイツの高級車メーカー、BMWが12月12日、欧州で発表した新型『M3セダン』と『M4クーペ』。両車のワールドプレミアは2014年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー14に決定した。

新型M3セダンとM4クーペには、新開発の直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボを搭載。最大出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを引き出す。このスペックは、先代『M3』の4.0リットルV型8気筒自然吸気エンジン(最大出力420ps、最大トルク40.8kgm)に対して、11ps、15.3kgm力強い。

トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」。6速MTは先代よりも12kg軽く、シフトダウン時にエンジン回転数を合わせるスロットルブリッピング機能が付く。0-100km/h加速は、7速DCTが4.1秒、6速MTが4.3秒。最高速は250km/h(リミッター作動)に到達する。

また、軽量化を推進。カーボンファイバー製ルーフをはじめ、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)やアルミの積極採用により、先代比で約80kgの軽量化を達成した。M4クーペの場合、車両重量は1.5トンを切る1497kgに抑えられる。

さらに、7速デュアルクラッチのDCTには、ローンチコントロールと「スモーキー・バーンアウト」(仕向け地による)と呼ばれる機能が付く。スモーキー・バーンアウトはその名の通り、低速時に若干、ホイールスピンを許容し、白煙を上げるような機能を意味している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集