【CES 14】フォード マスタング 新型、公式車両に指名

自動車 ニューモデル モーターショー

新型フォード マスタング
  • 新型フォード マスタング
  • 新型フォード マスタング
  • 新型フォード マスタング
米国の自動車大手、フォードモーターは12月16日、米国ラスベガスで2014年1月に開催される「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)14」の公式車両に、新型フォード『マスタング』が指名されたと発表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

2014年のCESにおいて、オフィシャルカーに起用が決まったのは、新型フォード マスタング。2013年の『C-MAXハイブリッド』とそのPHVバージョン、『C-MAXエナジー』に続いて、2年連続でフォード車が公式車両を務めることになった。

新型マスタングには、先進のドライバーアシスト装備をはじめ、車載インフォテインメント「SYNC」の最新版、8インチの高画質モニターに高度な音声認識機能を備えた「マイ・フォード・タッチ」などを用意。フォードモーターはこれらの装備を、CES14の来場者にアピールしていく。

新型マスタングは2014年秋、米国市場で発売される予定。フォードモーターのジム・ファーレー上級副社長は、「マスタングは常に車以上の存在、例えば、自由やオープンロードを走行する楽しさを連想させる。世界基準の性能と先進技術を滑らかなデザインで包み、新型マスタングは最高の運転体験を提供する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集