ポルシェの2014年ルマンレーサー、車名は「919ハイブリッド」に決定…4気筒エンジン搭載

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが2014年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)の最高峰、「LMP1」クラスに投入する新型マシン。その車名が決定した。

これは12月14日、ポルシェがドイツ・ヴァイザッハで開催した年末恒例のモータースポーツイベント、「ポルシェ・ナイト・オブ・チャンピオンズ」で明らかにしたもの。2014年の新型LMP1マシンの車名を、『919ハイブリッド』と発表している。

この車名は、現行ポルシェの市販車の頂点に位置するプラグインハイブリッド(PHV)スーパーカー、『918スパイダー』と関連づけたネーミング。また、1970年のルマン24時間耐久レースを制した栄光のマシン、ポルシェ『917』の後継車の意味合いも持つ。

919ハイブリッドのパワートレインの特徴は、エンジンが直噴4気筒ガソリンという点。2013年のルマンとWECを制したアウディは、V型6気筒ターボディーゼルエンジン。トヨタの『TS030ハイブリッド』は、エンジンは自然吸気の3.4リットルV型8気筒ガソリン。

これらと比較すると、ポルシェ919ハイブリッドの4気筒ガソリンエンジンは、2014年に大きく変わるレギュレーションに対応し、一気にダウンサイジングを進めるものとなる。

なお、919ハイブリッドには、高効率の高性能ハイブリッドシステムを採用。直噴4気筒ガソリンエンジンと2つのエネルギー回生システムで構成される。回生されたエネルギーはバッテリーに蓄えられ、これをドライバーの操作によって引き出す。パワフルな電気モーターが、前輪への駆動力をアシストする。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集