【新聞ウォッチ】経営トップが選んだ「今年の社長」に孫正義氏、2位は豊田章男氏

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2013年12月10日付

●羽田国際線増える選択 来春全日空が大幅増(読売・8面)

●景気回復強まる兆し、11月街角景気、2か月ぶり上昇(読売・8面)

●軽自動車増税案与党「反対」大勢、総務省案見直しも(読売・9面)

●首相会見根拠示さず、秘密法「説明不足、反省」(朝日・1面)

●TPP年内合意見送り、閣僚会合、日米関税交渉、難航(朝日・1面)

●「今年の社長」孫氏、スプリント買収評価、2位は豊田章男氏(毎日・7面)

●内閣支持率急落47%、知る権利侵害懸念、共同世論調査(東京・1面)

●JR東、東北縦貫線が来年度開業、愛称「上野東京ライン」(日経・1面)

●新生アメリカン航空誕生、空のビッグ3世界再編促す(日経・9面)

●アジアカー国ごとに進化、トヨタ先行追う日米勢(日経・11面)

●先読みビジネス天気、自動車、足元好調、増税に警戒(日経・15面)

●中国合弁トップに関氏、日産(日経・15面)


ひとくちコメント

2013年もあと20日余りだが、この1年で最も優れた経営トップを企業経営者が投票で決める「今年の社長」を産業能率大学が発表、きょうの毎日などが取り上げている。

それによると、1位はソフトバンクの孫正義社長で、米携帯大手スプリントの買収など世界戦略が評価されたという。同調査で孫氏の選出は2年ぶり3回目で前年の2位から返り咲いた。「時代を先取りしている」「(会社を)世界的な企業に育て上げた」などが理由だそうだ。

2位はトヨタ自動車の豊田章男社長が選ばれた。2014年3月期の連結営業利益は2兆2000億円を見込むなど、トヨタの業績を回復させた手腕をたたえる声が目立ったという。トヨタの好業績は従業員が汗を流した努力の結晶もあるが、超円高の是正の恩恵も大きい。ただ、豊田社長は前年まで2年連続で4位。その意味ではランクを上げたことになる。

ちなみに、3位は楽天の三木谷浩史社長、4位は前年のトップだった日本航空の稲盛和夫名誉会長(京セラ名誉会長)。

同調査は11月の時点で従業員10人以上の企業経営者にインターネットで実施し、404人から回答を得たという。

また、来年(2014年)の動向に注目する会社を自由回答(1社のみ)で尋ねたところ、もっとも回答が多かったのは「トヨタ自動車」。9位に「日産自動車」、10位に「ホンダ」が入っており、自動車産業の今後の新技術や発展に注目が集まっているようだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集