【東京モーターショー13】レクサスRC…プロダクトアウトのスポーツクーペ

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス RC
  • レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
東京モーターショー13に、レクサスが出展したスポーツクーペ、『RC』は、2014年後半に発売を予定しているモデルである。

レクサスのデザインについて、レクサスデザイン部グループ長の梶野泰生さんは、「我々のモノづくり、特にデザインは、なるべくマーケットインにならないような作り方だ。ユーザーの話を聞いて、悪いところを潰して、特徴はないが、皆が喜ぶようなモノではなく、どちらかというとプロダクトアウトだ」と話す。「我々のコンセプト、概念といった他社にない独自性を強く出していく。それが時によっては、好き嫌いがわかれるかもしれないが、我々はそれでいいと思っている」と話す。

そして、RCのデザインは、独自性を踏まえたうえで、「パッケージが非常に優れたクルマなので、デザイナーとしては腕の振るいどころがあった。抑揚の強いデザインなので、製造などのハードルは高くなる。従って今回は製造も含めて、デザインがどれだけ生かせるかをがんばってもらった」と、デザインを生産化に向け出来るだけ忠実に再現するようにしたという。

レクサス独自のデザイン基本理念としてある“L-finesse(エルフィネス)”の3つの要素は“予”、“純”、“妙”だ。「これまでのレクサスは“予”と“妙”が多かったが、今回はスポーツカーなので“純”が強く、ダイナミックにデザインしている」と述べる。

最後に梶野さんは、「今後、ブランドとしてよりエモーションなイメージを持たせていくためには、若手のエッジの効いた方々を狙いたい」と述べ、RCがそのけん引役になればと語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集