【ロサンゼルスモーターショー13】キャデラックのコンセプトカー、エルミラージ…全長5m超の大型クーペ

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
  • キャデラック エルミラージ
米国の自動車最大手、GMのキャデラックブランドは11月19日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー13に、コンセプトカーの『エルミラージ』を出品した。同車にとって、今回がモーターショーデビューとなった。

エルミラージは、キャデラックがかつて伝統的に用意してきたフルサイズ2ドアクーペの再来を予感させるコンセプトカー。ボディサイズは全長が5110mmと、堂々の大きさ。クラッシックとモダンを融合させたスタイルが特徴で、強い存在感と落ち着き感を表現した4シータークーペとなる。

メカニズム面では、近い将来、生産を予定しているキャデラックの新型車のシャシーとストラクチャー部分を先行採用。駆動方式はFR。4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャーで過給され、最大出力500psレベルを引き出す。

現時点では、このエルミラージの市販化計画は公表されていない。ただし、GMはキャデラックの新たなフラッグシップとなる大型4ドアサルーンを、開発する方針。量産化決定の際には、このエルミラージの技術が応用されることになる。

キャデラックは、「エルミラージはキャデラックの継続的な広がり、新たな次元への展開、そして、純粋に楽しさを表現するグランドクーペモデルの提案。キャデラックブランドの頂点であり、キャデラックの新しいビジョンを示唆した1台」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集