【東京モーターショー13】トヨタ車体、ヴォクシー ウエルキャブ 車いす仕様車を改良

自動車 ニューモデル 新型車

ヴォクシー ウエルキャブ スロープタイプ
  • ヴォクシー ウエルキャブ スロープタイプ
  • ヴォクシー ウエルキャブ スロープタイプ
  • ヴォクシー ウエルキャブ スロープタイプ
  • ヴォクシー ウエルキャブ スロープタイプ
トヨタ車体は東京モーターショーで『ヴォクシー ウエルキャブ 車いす仕様車(スロープタイプ)』の改良型を発表した。

今回の改良点は2点ある。1点目は、折り畳み式のスロープを格納時に床面に平面状に折り畳めるようにした点だ。従来は折り畳んだスロープがリアゲートの位置で直立した姿勢で直立していた。しかし、これでは折り畳んだスロープが邪魔になるので、床面に平面状に格納できるようにした。

2点目の改良は、車いすを使用しなくなった時に、2列目後席の車いすを載せる部分に、通常の後席を後付けできるようにした点だ。介護している時には、車いすを載せたいが、介護する必要がなくなった時には、通常仕様車のように2列目後席に2人乗車できるように改修できる。

ヴォクシー ウエルキャブは、2台の車いすを搭載することができるが、専門の介護施設が購入する割合と、一般のユーザーが購入する割合が、ほぼ半々なので、一般ユーザーの要望に応えた改良が行われた。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集