【東京モーターショー13】ダイハツ三井社長「低燃費と低価格の進化はこれからも続く」

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ工業代表取締役社長三井正則氏
  • ダイハツ工業代表取締役社長三井正則氏
  • ダイハツ工業執行役員 上田亨氏
  • 東京モーターショー ダイハツ プレスブリーフィング
  • 新型コペン
  • 東京モーターショー ダイハツ プレスブリーフィング
  • 東京モーターショー ダイハツ プレスブリーフィング
  • 東京モーターショー ダイハツ プレスブリーフィング
  • デカデカ
ダイハツ工業は、20日のプレスカンファレンスで新型コペンや燃料電池車のコンセプトカーの発表を行った。その中から、代表取締役社長三井正則氏のコメントをお伝えする。

三井氏は、「2011年は、第3のエコカーとしてミラ イースを発売して、ダイハツが大きく変わった年でもあります。」と述べ、その後2012年のスマートアシストのムーブ、ユーティリティを拡大したタントと新機軸による軽自動車の進化をアピールした。

そして「軽自動車は日本国土に合った国民の足として、低燃費、低価格のニーズにこたえるべくダイハツは新しい価値を提供し続けていきます。」とさらなる進化を約束し、モーターショーで発表となる新型車、コンセプトカーの紹介へ移った。

新型車の紹介は、同社執行役員 上田亨氏にバトンタッチされ、外装が簡単に交換可能な新型コペン、大胆な観音開きドアが特徴な「デカデカ」、白金を使用せず低価格を目指すという液体燃料電池車「FC凸デッキ」を紹介した。新型コペンはプレスカンファレンスの檀上で外装交換の実演も行われた。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集