【東京モーターショー13】ダイハツ、KOPEN をワールドプレミア…上田執行役員「発売は来年前半」

自動車 ニューモデル モーターショー

ダイハツ コペン(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペン(東京モーターショー13)
  • 【東京モーターショー13】ダイハツ、KOPEN をワールドプレミア…上田執行役員「発売は来年前半」
  • 【東京モーターショー13】ダイハツ、KOPEN をワールドプレミア…上田執行役員「発売は来年前半」
  • 【東京モーターショー13】ダイハツ、KOPEN をワールドプレミア…上田執行役員「発売は来年前半」
  • 【東京モーターショー13】ダイハツ、KOPEN をワールドプレミア…上田執行役員「発売は来年前半」
  • ダイハツ コペン(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペン(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペン(東京モーターショー13)
東京モーターショー13のプレスデー初日、ダイハツは軽オープンスポーツ『KOPEN』、スーパースペース軽コンセプト『DECA DECA』、FCV(燃料電池車)『FC 凸 Deck』を初公開した。

発表段階では「あくまでもコンセプトカーである」と市販化の様子を見せなかったKOPENだが、登壇した上田亨執行役員は、「来年前半に発売を予定している」と話した。

また、ダイハツ工業の三井社長は、プレゼンテーションで「軽自動車は狭い国土、道路事情に合わせた車であり、今や国民の生活の足としてお使いいただいていることから、低燃費、かつ、お求めやすことことそが私達の使命であると考えております。その上で、様々な新しい技術に裏付けられた新たな価値を提案してまいります」と軽自動車へのコミットメントを再表明。

続けて三井社長は、「ダイハツはこれからも燃費と低価格に追求しながら、お客様の思考やニーズにタイムリーにお答えできるクルマづくりと技術開発をして参ります」と未来に向け宣言した。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集