【ロサンゼルスモーターショー13】トヨタ E-GRUS、折り畳みの自動運転EVを提案…デザインチャレンジ

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ E-GRUS
  • トヨタ E-GRUS
  • トヨタ E-GRUS
ロサンゼルスモーターショー主催団体は11月11日、米国で11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショー13の恒例イベント、「デザインチャレンジ」の概要を明らかにした。トヨタ自動車は、『E-GRUS』を出品する。

ロサンゼルスモーターショーでは毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを実施。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2013年はトヨタの米国デザイン部門、CALTYデザインリサーチをはじめ、スバル、マツダ、BMWグループ、そして初参加の中国メーカーなど8社がエントリーしている。

第10回目となる2013年のデザインチャレンジのテーマは、「自然の知恵」。トヨタの米国デザイン部門、CALTYが手がけたのが、E-GRUSだ。

E-GRUSは、高性能なEVコミューターの提案。長距離ドライブ時と、市街地走行時とで、異なるボディになるのが特徴。市街地では、車体を折り畳んでコンパクトになり、取り回し性や駐車の利便性を高める。

また、自動運転技術も導入。燃費効率を高めるエアロダイナミクス性能を追求すると同時に、高速走行時のスタビリティも確保。モーターは、四輪にインホイールモーターを組み込む。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集