【日産 スカイライン 新型発表】デザインコンセプトは凛とした躍動感

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
日産から発表された新型『スカイライン』のデザインコンセプトは、“凛とした躍動感”だという。

日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの長谷川浩さんは、「スカイラインとしてのダイナミックな動きや躍動感を表現しつつも、そればかりが目についてしまうと気品や落ち着きがなくなってしまう」と話す。

そこで、「アスリートの姿をイメージしたときに、躍動感を持った筋肉美がある。そこにあるビシッと芯が通っている背骨のような感じを表現したいと思った」という。また、「アスリートが持つセクシーさ、機能美にプラスした美しさを表現した」と述べる。

長谷川さんは、セダンで重要なデザインはCピラーをリアホイールの上にどのように配置するか、座りよく見せるかだという。そして、そのCピラーにあるリアドアウインドウ後端にクレッセントカットを採用した。これは、「何か新しい表現をと2009年のジュネーブショーに出展した『エッセンス』をデザインしているときに思いついたデザインアクセントで、機能的にも、リアドアの開口部を大きくとることが出来る」という。その下にはCピラーからトランクへ流れるキャラクターラインがある。「大きなひとつの面で(リアドアやフェンダーを)作るのではなく、Cピラーからトランクへの流れをシャープに見えるようにした」と、躍動感とともに気品や美しさを表現したことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集