【フランクフルトモーターショー13】ボルボ、コンセプトクーペ 初公開…次世代ボルボのデザインを表現

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
  • ボルボ コンセプトクーペ(フランクフルトモーターショー13)
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、『コンセプトクーペ』を初公開した。

ボルボカーズは2008年3月、ジュネーブモーターショー08で『XC60』を発表。従来のボルボのデザインを大きく変えた。このXC60に続いて登場した新型『S60』、『V60』、新型『V40』なども、フロントマスクを中心に、デザインを統一している。

コンセプトクーペは、ボルボカーズの今後のデザインの方向性を示した1台。そのデザインは、従来のボルボ車とは異なるフロントマスクが特徴。ボルボカーズによると、この表情が、2014年に発表予定の次期『XC90』に反映されるという。

また、ボルボカーズのクーペの名車には、1961年に誕生した『P1800』がある。このP1800のモチーフをリアのデザインなどに取り入れて設計されたのが、コンセプトクーペ。さらに、コンセプトクーペは、ボルボカーズの次世代車台、SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)をベースに開発された最初のコンセプトカーでもある。

パワートレインは、ガソリンエンジンを基本にしたプラグインハイブリッド(PHV)。ガソリンエンジンは、ボルボカーズの新世代直列4気筒、「Drive-E」の中でも、最もパワフルなユニットを選択。2リットルエンジンは、スーパーチャージャーとターボのダブル過給とした。ボルボカーズは、「V型8気筒エンジン並みのパワー」と説明する。これにリアアクスルに配置したモーターを組み合わせ、トータルで最大出力が約400ps、最大トルクは61.2kgm以上を引き出す。

9月10日、フランクフルトモーターショー13のプレスカンファレンスには、ボルボカーグループのLex Kerssemakers上級副社長が登壇。「我々は強固な伝統と先進技術、エモーショナルなデザインを融合した新商品を作り出していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集