【ホンダ フィット 新型 発表直前】HV売れ筋Fパッケージは172万円。アクア20万値引きに対し5万値引きで対抗か!?

自動車 ニューモデル 新型車
ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ディラーで配布されているティーザーカタログ
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットHV(プロトタイプ)
正式な発表を前に、グレードによっては納車が既に11月末になるというホンダの次期型『フィット』。このまま正式発表されれば年内納車はかなり難しくなる可能性が高い状況だ。

事前予約の7割以上を占めるというハイブリッドと、ライバルと目されるトヨタ『アクア』と比較しながらその価格設定に注目してみた。

編集部が入手した価格表によれば、ベースグレードとなる「ハイブリッド」で163.5万円。これに「Fパッケージ」を選ぶと172万円となり、「Lパッケージ」で183万円、「Sパッケージ」で193万円。驚くのはその価格設定だ。直接のライバルと目されるトヨタ『アクア』と比較しても、値頃感のある設定となっているのだ。

ベースグレードで比較すると、アクアも場合、最の安い「L」は169万円だが、こちらはリアドアのパワーウィンドウすら省かれる“ビジネス仕様”。これを一般ユーザーが選ぶことはまずないだろう。これに対し、次期型フィットではそれより5万円以上も安い「HYBRID」でもパワーウィンドウが備わり、スマートキーシステムまで標準で付く。しかも、関係者の話によれば、「インパネにはソフトパッドを多用して従来よりもグッと質感が高まっている」という。

では最量販車となりそうなグレードではどうか。ディーラー関係者が「よく売れている」という「Fパッケージ」と、アクアで一番人気となっているグレード「S」で比較してみよう。アクアは180万円で、次期型フィットより8万円高。しかも、次期型フィットに標準のスマートキーシステムを追加すれば185万円を超えてしまう。次期型フィットとの差は13万円もある。

しかし、アクアはデビューしてから時間が経っていることもあり、値引き幅は当然ながら大きい。次期型フィットは「正式発表前に注文頂けるお客様には5万円の特別値引き(ディーラー関係者談)」という状況に対し、アクアは「とりあえず値引きは10万円ですが、最終的には20万円程度は仕方がない(首都圏近郊のトヨペット系ディーラー)」とする。

これをもとに概算すると、諸経費はともに15万円強とした場合(いずれも取得税、重量税は免税)、次期型フィットは5万円値引きを考慮しても183万円ほど。対するアクアは180万円前後で買える可能性があり、出費面ではほぼ拮抗する。ただ、装備表を見る限り、全体として次期型フィットの方が充実しているような印象も受けるのは確かだ。

もう一つ気にすべきは納期だ。次期型フィットは冒頭でも述べたように、11月になることは確実。発表後は年内納車も難しくなる可能性が大だ。一方でアクアは「今なら1ヵ月待ちだが、次期型フィットの登場で受注減となればもっと早くなる可能性もある」という。

若干高くても新型が良いとなれば次期型フィットで決まりだが、車検などのタイミングで急ぐ場合はアクアの選択肢も出てくるだろう。しかし、アクアも2013年12月で発売から丸2年が経過することになり、その頃になれば燃費をさらに向上させたマイナーチェンジ版登場の噂もちらほら聞こえてくるだろう。だが、そうなると今度は消費税増税が迫ってくることになり、買い時を逃すことになってしまうかもしれない。いずれにしても、新車を購入する人に乗っては悩ましい選択になりそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【新聞ウォッチ】新型フィットHV、価格でもアクアを抜く163万5000円 画像 【新聞ウォッチ】新型フィットHV、価格でもアクアを抜く163万5000円
  • 新車見積ランキング、初登場の アコードHV が9位にランクイン…オートックワン7月 画像 新車見積ランキング、初登場の アコードHV が9位にランクイン…オートックワン7月
  • 【ホンダ フィット 新型 発表間近】ガソリンモデルの燃費26.0km/リットル 画像 【ホンダ フィット 新型 発表間近】ガソリンモデルの燃費26.0km/リットル
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース