ヤマハ発動機、パフォーマンスダンパーがレクサスHS250h全グレードに採用

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機は1月25日、同社が開発した車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」が、1月24日にマイナーチェンジしたハイブリッドセダン、レクサス『HS250h』の全グレードに搭載されたと発表した。

パフォーマンスダンパーがレクサス車に搭載されるのは『CT200h』『RX SPORT』に次いで3モデル目となり、全グレードへの採用は今回のHS250hが初めて。

パフォーマンスダンパーは、ヤマハ発動機が二輪車のダンパー開発で培ってきた技術を応用し、乗用車の前後主要部に設置する車体制振ダンパー。走行中の車体のごくわずかな変形や振動を穏やかに整え吸収する装置で、2000年に基本概念を発案後、2004年4月に量産品として初めて採用されてから、多くの車種に搭載されてきた。

HS250hは、ボディ剛性の向上などの改良にあわせて新たにパフォーマンスダンパーを搭載することで、ハイブリッド車の環境性能に加え、操縦性・走行安定性としなやかな乗り心地を実現したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集