【まとめ】BMW 3シリーズ…定番輸入サルーン最新型は“3本の矢”で攻める

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 320i xDrive
  • BMW 320i xDrive
  • BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様)
  • BMW 3シリーズ ツーリング(欧州仕様)
  • 新型BMW 3シリーズセダン
  • MW 320i xDrive M Sport
  • BMW 320d BluePerformance
  • BMW・320d ブルーパフォーマンス
  • BMW・320dツーリング
1966年に発売された02シリーズに端を発する、BMWの小型サルーンが『3シリーズ』。欧州Dセグメントのベンチマークとして、メルセデス『Cクラス』やアウディ『A4』と長年にわたりしのぎを削ってきた。「F30」のコードネームで呼ばれる6代目3シリーズは、2011年10月に発表、2012年4月より国内販売が開始された。

ボディサイズは従来型からさらに一回り拡大して4625×1800×1440mmとなり、もはやコンパクトとは言えないサイズにまで拡大したが、重量は1500kg(320i)と従来型とほぼ同等に抑えた。

日本市場には、ガソリンモデル2機種(「328i」/「320i」)に加えてクリーンディーゼル(「320d BluePerformance」)、さらにハイブリッド(「ActiveHybrid 3」)もラインナップ。BMWのお家芸とも言われる伝統の直列6気筒ガソリンエンジン搭載モデルは、EUで「335i」があるものの、日本国内では最上級のハイブリッドモデルのみとなっている。

セダンとサルーンは矢継ぎ早にモデル展開しているが、クーペやハイパフォーマンスモデルの『M3』の登場も控えており、3シリーズの話題はまだまだ尽きそうにない。

◆2011年10月に本国発表
BMW 3シリーズ 新型登場…スポーツセダンの新基準
BMW 3シリーズ 新型登場[写真蔵]

◆モデルラインナップは刷新
BMW 3シリーズ 新型登場…3つの個性
BMW 3シリーズ新型登場…Mスポーツも設定へ

◆4気筒ターボがラインナップの中心に、ハイブリッドも登場
パワーとトルクをアップしながら燃費性能向上
BMWジャパン、ディーゼルエンジン戦略展開へ
BMW 3シリーズ 新型…320iは184psターボ搭載
BMW アクティブハイブリッド3を発売…価格699万円

◆発売後は世界で過去最高の販売台数を連発
6月と上半期のBMWグループ世界新車販売、過去最高
11月のBMWグループ世界新車販売、新記録
【ジャカルタモーターショー12】3シリーズ訴求で増えるニーズに対応
新型BMW 320i の見積もりをディーラーで取ってみた

◆クリーンディーゼルも国内導入
BMW、クリーンディーゼル搭載の 320d を発売…470万円から
6番目のディーゼルモデル導入開始
ディーゼルの進化…30年でパワー3倍、燃費は11%改善

◆ガソリン、ディーゼル、それぞれのジャーナリスト評価は
本当に気持ち良く走れるクルマ…松下宏
6気筒の必要性を感じさせない…森野恭行
噛みしめる歓び…森口将之
ディーゼルの魅力を十分に表現…諸星陽一

◆COTYインポートをはじめ内外で高評価
RJCカーオブザイヤー・インポートを受賞
【COTY】インポート・カー・オブ・ザイヤーは BMW 3シリーズ
中国の自動車信頼性調査、BMWがブランド別で首位…JDパワー

◆ちらほら聞こえてくる次期M3の存在
BMW M3次期型、V8から直6へ回帰か
BMW M3 次期型、2013年春にデビューか
BMW M3次期型、450psのトリプルターボ搭載か
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集