メルセデスベンツの エナGフォース、未来の Gクラス の方向性[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ エナGフォース
  • メルセデスベンツ エナGフォース
メルセデスベンツが11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー12に出品したコンセプトカー、『エナGフォース』(Ener-G-Force)。この未来の『Gクラス』の詳細映像が、ネット上で公開されている。

この映像は11月29日、ダイムラーが公式サイトで公開したもの。エナGフォースは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベント、「デザインチャレンジ」のために製作。メルセデスベンツ伝統のSUV、Gクラスの未来形を提案したコンセプトカーだ。イメージスケッチ公開止まりの他社に対して、実物大モデルを製作するというメルセデスベンツの大胆なプロジェクトで誕生した。

2012年のデザインチャレンジのテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。エナGフォースは燃料電池車で、ルーフ上のタンクに雨水をためて、水素を作り出すというのが未来的。最大航続可能距離は800kmを想定する。また、「テレーンスキャン」と呼ばれるシステムを採用。これはルーフに取り付けられたスキャナーが地形をモニターし、そのデータを元にしてダンパーの減衰力などを調整するシステムだ。

未来のGクラスのひとつの方向性を提示したエナGフォース。その詳細映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集