【スズキ 新型ワゴンR 発表】「軽ワゴン」パイオニアの歴史[写真蔵]

軽自動車の狭く小さなイメージを払拭し、軽ワゴンという新しいジャンルを生んだエポックメイキングな車がスズキ『ワゴンR』である。

自動車 ビジネス 国内マーケット
スズキ ワゴンR。手前から初代、2代目、3代目
  • スズキ ワゴンR。手前から初代、2代目、3代目
  • スズキ 2代目 ワゴンR
  • スズキ 3代目ワゴンR
  • スズキ 4代目ワゴンR
  • スズキ 2代目 ワゴンR
  • スズキ 2代目 ワゴンR
  • スズキ ワゴンR。手前から3代目、2代目、初代
  • スズキ ワゴンR RR
軽自動車の狭く小さなイメージを払拭し、軽ワゴンという新しいジャンルを生んだエポックメイキングな車がスズキ『ワゴンR』である。

1993年に登場したワゴンRは、背の高いワゴンタイプによる広く快適な居住空間、ワンステップで乗り降りしやすい床面の低さ、視点を高く設定し視認性や開放感を持たせた軽自動車として大ヒットした。

1998年には初のフルモデルチェンジを行い、初代に比べ丸みが増したスタイリングとなった2代目。国内新安全基準に対応しつつ軽量衝撃吸収ボディーを開発し軽量化、内装の質感アップや取り回しの改善、燃費の向上などの改良が施された。1999年には、累計台数100万台を突破した。

2003年原点回帰するかのように、スクエアデザインに戻った3代目が登場。シャーシやサスペンションを刷新し、2代目より更に最小回転半径を小径に、走りも安定性と静粛性を増すことに成功した。また直噴ターボを初搭載。2006年累計販売台数が250万台を超え、翌年にはエアロパーツとアルミホイールを標準装備した『ワゴンRスティングレー』が登場した。

2008年「快適・スタイリッシュ・ワゴンR」をコンセプトに掲げ、4代目ワゴンRが登場、スティングレーも同様にフルモデルチェンジ。ワゴンRの特徴と言える快適な居住空間の確保や乗り降り、運転のしやすさに磨きをかけた。ロングホイールベース化により、室内空間を広げ、リアステップを低くし乗降性を改善。また新開発サスペンションにより操縦安定性能乗り心地も向上させている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集