ホンダ、初の市販PHV発表…北米向け アコード 新型に

自動車 ニューモデル 新型車
新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
  • 新型 ホンダ アコード PHEV
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは9月5日、北米向けの新型『アコード』(日本名:『インスパイア』)に設定する同社初の市販プラグインハイブリッド仕様を現地で発表した。

ホンダは2012年1月、デトロイトモーターショー12に『アコードクーペコンセプト』を出品。新型アコードを示唆したコンセプトカーだったが、ホンダはこの際、「市販版にはプラグインハイブリッドを用意する」と発表し、注目を集めていた。

新型アコードのプラグインハイブリッド仕様は、『アコードPHEV』と命名。アコードとしては、2007年をもって米国で廃止されたハイブリッドの復活で、アコードPHEVはホンダが開発した新世代のプラグインハイブリッドシステムを搭載する。

これは、ホンダとしては初の2モーターのハイブリッドシステム。エンジンは「アースドリーム」技術を導入したアトキンソンサイクルの2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」。最大出力は137ps/6200rpmを引き出す。

2個のモーターは、合計で124kWの出力を発生。二次電池は蓄電容量6.7kWhのリチウムイオンバッテリーで、EVモードでは最大24kmのゼロエミッション走行が可能だ。また、エンジンとモーターを合わせたトータル出力は196psで、ホンダは「トヨタ『プリウスPHV』を凌ぐ」と説明する。

アコードPHEVには、EVモード以外に2つの走行モードが備わる。「ハイブリッド」と「ハイブリッド・チャージ」だ。ハイブリッドモードは、エンジンとモーターを最適に制御する通常の走行モード。ハイブリッド・チャージは、バッテリー残量が少ない場合のモードで、充電を重視した走行モードに切り替わる。

バッテリーの充電に関しては、すでに日米で発売された『フィットEV』のノウハウを応用。標準的な120Vの家庭用ソケットで3時間以内。240Vの急速チャージャーを使えば、1時間以内に完了する。

アコードPHEVは2014年モデルとして、米国市場で2013年初頭に発売される予定。外観は専用フロントグリルが与えられるなど、通常のアコードと差異化が図られた。ホンダは、「燃料満タンでの予想最大航続可能距離は、800km以上」と、燃費性能の高さに自信を見せている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集