日産、NISMO 仕様に「RS」計画か…GT-R や Z が候補に

モータースポーツ/エンタメ 出版物
日産 ジュークニスモ
  • 日産 ジュークニスモ
  • 日産 ジュークニスモ
  • 日産 ジュークニスモ
  • 日産のNISMO仕様の拡大戦略を伝えた英『Auto EXPRESS』
日産自動車が、新たな高性能シリーズに位置付ける「NISMO」(ニスモ)。『ジューク』に続いて、日産がさらに高性能なNISMO仕様のラインナップを計画していることが判明した。

これは8月10日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアのインタビューに応じた日産自動車のアンディ・パーマー副社長は、「NISMO仕様には今後、ノーマルバージョンと『RS』バージョンの2種類を用意するつもりだ」と話したというのだ。

ノーマルバージョンは、ジュークのように、内外装のモディファイやエンジン出力の15%アップなど、比較的ライトなチューニングを指す。それでは、RSバージョンとは、どのような内容になるのか。

アンディ・パーマー副社長は、「RSはさらなるパフォーマンスを求める顧客のために、サーキット志向をいっそう鮮明にする」と語ったという。

このRSバージョン、現時点では検討段階だが、市販化が決定した場合、「『GT-R』や『370Z』(日本名:『フェアレディZ』)に設定したい」と、パーマー副社長はコメントしたとのことだ。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集