【東京モーターサイクルショー12】カワサキのブースは恒例の大排気量祭り!

自動車 ニューモデル モーターショー
カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Ninja ZX-14R(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Versys1000(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Versys1000(東京モーターサイクルショー12)
  • カワサキ Versys1000(東京モーターサイクルショー12)
東京モーターサイクルショー12、カワサキモータースジャパンのブースは、他の国内メーカーとは趣の異なった、重量感たっぷりのカワサキらしいステージとなっている

ステージ上には、輸出モデルの『Ninja ZX-14R』と『Versys1000』が展示されていた。そしてその両脇には、国内でも販売中の『ZRX1200 DAEG』と『W800 Special Edition』。

また、ブース内には来場者が『Ninja ZX-14R ABS』にまたがれるコーナーが作られてるので、見るだけでなく実際に触ってライディングポジションを確かめることも可能。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集