【ロサンゼルスモーターショー10】680psの カムリ はラグジーなクーペ

自動車 ニューモデル モーターショー

RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
  • RKコレクション トヨタ カムリ NASCARエディション
ロサンゼルスモーターショーのトヨタブースに飾られていた、派手な『カムリクーペ』。「RKコレクション・トヨタ・カムリNASCARエディション」と呼ぶこの車両の驚きは心臓と駆動方式だ。

TRDのサポートを受けてアメリカのチューナー「RKコレクション」が手掛けたこのカムリに積むエンジンは、なんとNASCARマシン用のV8。680HPを発生させる怪物マシンだ。

エンジンの変更に伴い、駆動方式はFFからFRへチェンジ。あり余るパワーを生かして、ドリフトイベントなどでも活躍することだろう。この車両は、半月ほど前にラスベガスで開催されたカスタムカーイベント「SEMAショー」にも展示されていた。

そんな過激さとは裏腹にインテリアは上品な仕立て。ロールケージが装着されていることを除けばノーマル然としていて、レザーをコーディネートするなど快適性を重視したラグジーな仕上がりである。

さらに興味深いのは、カムリの現行モデルにはクーペボディが存在しないこと。このマシンのベースは4ドアのカムリで、手間をかけて2ドアクーペへとモデファイされているのである。とにかく手間のかかっている1台だ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集