トヨタ カローラ など7車種、エアバッグ展開で部品が飛び散る

自動車 ビジネス 国内マーケット
カローラなど7車種の改善箇所説明図
  • カローラなど7車種の改善箇所説明図
トヨタ自動車は30日、『カローラ』、『カローラフィールダー』、『カローラランクス』、『ガイア』、『イプサム』、『ブレビス』、『マークII』計7車種のエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2000年7月25日~2001年11月30日に製作された5万0738台。

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)内のガス発生剤組付け作業が不適切なため、ガス発生剤の装填量が不足し、エアバッグが展開するとインフレータ内圧の異常な上昇で容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

全車両、インフレータを良品に交換する。

不具合発生はなく、自動車解体業者からの情報で分かった。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、国内シェアが49.9%に…5月実績 画像 トヨタ、国内シェアが49.9%に…5月実績
  • 【グッドウッド10】トヨタ、WRC復帰か? 歴代マシン勢ぞろい 画像 【グッドウッド10】トヨタ、WRC復帰か? 歴代マシン勢ぞろい
  • 【トヨタ Gazoo mura インタビュー】ドライブ旅の楽しさと地域活性化をコミュニケーションでつなぐ 画像 【トヨタ Gazoo mura インタビュー】ドライブ旅の楽しさと地域活性化をコミュニケーションでつなぐ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース