ランエボ と インプレッサSTI、次期型はディーゼルHVか

自動車 ニューモデル 新型車
ランサーエボリュション(現行モデル)
  • ランサーエボリュション(現行モデル)
  • インプレッサWRX STI
日本を代表する4WDスポーツ、三菱『ランサーエボリューション』とスバル『インプレッサWRX STI』。次期モデルでは、ともにディーゼルエンジンの搭載を計画しているという。

これは、英国の自動車メディアが報じたもの。次期型では、日本や米国向けは引き続きガソリンエンジンを積むが、欧州仕様にはディーゼルエンジンも設定する方向で検討が進められているとのことだ。

これは、欧州で厳しさを増すCO2排出量規制と密接な関係がある。欧州では1台当たりの平均CO2排出量を、2012年に120g/km、2020年に95g/kmまで引き下げることを自動車メーカーに義務づけている。この規制に対応するため、エボとSTIはディーゼルを選択するのだという。

しかも、単なるディーゼルではなく、両車ともディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたディーゼルハイブリッドを検討しているとの噂。ランエボの場合、300psを発生するターボディーゼルと50psのモーターの組み合わせにより、0-96km/加速は4.5秒と、現行型を上回る加速性能が追求されるらしい。

次期ランサーエボリューションは2013年、次期インプレッサSTIは12年にデビューする見込み。ディーゼルハイブリッド採用となれば、史上最もエコなエボとSTIになるのは間違いないが、果たして。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • クリーンディーゼル車イメージ、「きれい・静か・速い」が7割超…ボッシュ調べ 画像 クリーンディーゼル車イメージ、「きれい・静か・速い」が7割超…ボッシュ調べ
  • BMW 3シリーズ のディーゼル、1630km無給油走行に成功 画像 BMW 3シリーズ のディーゼル、1630km無給油走行に成功
  • 【スバル レガシィ 新型】英国でも販売開始…ボクサーディーゼル搭載 画像 【スバル レガシィ 新型】英国でも販売開始…ボクサーディーゼル搭載

特集