プジョーから3輪ハイブリッドスクーター…燃費は50km/リットル

エコカー ハイブリッド
ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
  • ハイブリッド3エボリューション
プジョーは11日、イタリアで開催中の「第67回ミラノ国際サイクル&モーターバイクショー」において、『ハイブリッド3エボリューション』を初公開した。

高効率なハイブリッドシステム搭載の3輪スクーターで、欧州複合モード燃費50km/リットル、CO2排出量48g/kmという高い環境性能を誇る。

プジョーは2008年秋のパリモーターショーに、『ハイブリッド3』を出品。スクーターと車を融合させた新コンセプトの提案だったが、今回のハイブリッド3エボリューションは、その発展版である。

そのハイライトは、新開発のハイブリッドシステムだ。リアに置かれる300ccエンジンは、最大出力41ps、最大トルク4.6kgmを発生。2つの前輪にはそれぞれ4psを生み出すインホイールモーターを内蔵する。システムのトータル出力は49psだ。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、最大10kmをモーターだけでゼロエミッション走行可能。さらに、エンジンのみ、モーターとエンジン併用の3つの走行モードを持つ。もちろん、モーターは減速時には回生ブレーキとして作動し、アイドリングストップ機能も付く。

この結果、ハイブリッド3エボリューションは、欧州複合モード燃費50km/リットル、CO2排出量48g/kmという圧倒的環境性能を達成。0-100km/h加速は8秒、最高速は150km/hと、動力性能も良好だ。

エクステリアはLEDライトを組み込んだカウルが精悍な表情を演出。全幅はわずか820mmだ。サスペンションは、ハンドリングと乗り心地を追求し、ブレーキは3輪ディスクを装備。回生ブレーキ採用の効果もあって、通常の2輪スクーターよりも、制動距離は約30%短縮しているという。

プジョーは2011年、同社初の量産ハイブリッド車、『3008ハイブリッド4』を発売予定。今回公開されたハイブリッド3エボリューションの市販は未定だが、3ホイーラーのハイブリッドというのも、面白い存在だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー09】T-REX…パイプフレームの3輪自動車 画像 【東京モーターショー09】T-REX…パイプフレームの3輪自動車
  • 【東京モーターショー09】ADIVAからフロント2輪タイプの3輪車 画像 【東京モーターショー09】ADIVAからフロント2輪タイプの3輪車
  • [動画]BMWの3輪コンセプト、シンプル…未来のシティコミューター 画像 [動画]BMWの3輪コンセプト、シンプル…未来のシティコミューター
  • 【トヨタ マークX 新型発表】FRであること、ハイブリッドでないこと 画像 【トヨタ マークX 新型発表】FRであること、ハイブリッドでないこと

特集

おすすめのニュース