三洋電機、PSAプジョーシトロエンにニッケル水素電池を供給

エコカー ハイブリッド
ディーゼルハイブリッドを搭載する「3008ハイブリッド4」
  • ディーゼルハイブリッドを搭載する「3008ハイブリッド4」
  • ディーゼルハイブリッドを搭載する「3008ハイブリッド4」
三洋電機は2日、PSAプジョーシトロエン社が2011年の量産予定のハイブリッド自動車向けにニッケル水素電池システムを供給すると正式に発表した。

PSAプジョーシトロエン社のディーゼルハイブリッドシステム「Hybrid4」を装備したプジョー『3008ハイブリッド4』とシトロエン『DS5ハイブリッド4』に三洋電機製のニッケル水素電池が搭載される。

三洋電機は今後急速に拡大することが予想されるハイブリッド自動車用二次電池の開発・事業を強化している。フォード社やホンダにニッケル水素電池を供給しているほか、フォルクスワーゲングループと2006年1月に次世代ニッケル水素電池システム、2008年5月にはリチウムイオン電池システムの共同開発を進めることで合意して、現在共同開発中だ。

三洋電機では今後、高性能電池の開発・商品化を加速し、グローバルでの環境対応車用バッテリー事業の拡大に取り組み、この分野でのシェアアップを図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集