ゼンリン、パナ・三洋カーナビ向け地図更新ソフトを発売…圏央道開通情報など収録

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ゼンリン・JAPAN MAP 13
  • ゼンリン・JAPAN MAP 13
  • ゼンリン・JAPAN MAP 13
ゼンリンは、パナソニック・三洋電機製カーナビゲーション向け地図更新ソフト「JAPAN MAP」の2013年度更新版「JAPAN MAP 13」(全11タイトル)を、ゼンリンオンラインショップなどで、7月末から順次発売する。

JAPAN MAPは、精度の高い最新地図データを収録した、カーナビゲーション用地図更新ソフト。ユーザーは、所有するカーナビゲーションに合うタイトルを選び、自分で手軽に最新情報へ更新できる。

今回の更新では、2013年に部分開通した圏央道、海老名IC~相模原愛川IC(3/30開通)、茅ヶ崎JCT~寒川北IC(4/14開通)、東金IC・JCT~木更津東IC(4/27開通)の総延長約58kmの区間を特別収録した。

また、東日本大震災被災地32市町村を対象に、震災によって通行が不可能になった道路や新設された道路などの情報を更新。これにより、被災地でのルート案内がより現状に則したものとなる。

価格は1万3650円から2万2050円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集