【東京モーターショー09】豊田トヨタ社長、“ジャパンパッシング”に反論

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ自動車
  • トヨタ自動車
  • トヨタ自動車
  • トヨタ自動車
豊田章男・トヨタ自動車社長は東京モーターショーのプレスブリーフィングにおいて、次世代環境技術について、「EVとハイブリッドカーは別物と主張する人がいるが、それは違う」と発言。

「トヨタのハイブリッドカーはすでに電気モーターだけで走ることが可能であり、半分はEVのようなもの。(外部電源から充電可能な)プリウス・プラグインハイブリッドコンセプトなら、充電設備がどこにあるか気にせず走れる。現時点では、ハイブリッドカーはエコカーのなかで唯一の普及技術」

今日、自動車技術に関して、欧米では一足飛びにEVにシフトするという論調が、エネルギー供給網の更新やバッテリー技術の進化に相当の時間がかかることを無視する形で、かなり意図的に流されている。豊田社長のコメントは、そうした“ジャパンパッシング”的な流れに対し、技術をベースにきっちり反論するという意味合いも持っていると言える。

一方、遠未来の環境技術については「近距離はEV、遠距離は燃料電池車と使い分けることになると思う」と強調。ブースではコンパクトEVのコンセプトモデル「FT-EVII」が、トヨタの燃料電池車「FCHVアドバンス」と共に展示されている。
《井元康一郎》

特集