【東京モーターショー09】ヤマハ、小型CVTを開発…モペット型二輪車向け

自動車 ニューモデル 新型車

Y.C.A.T.(Yamaha Compact Automatic Transmission)の構造
  • Y.C.A.T.(Yamaha Compact Automatic Transmission)の構造
ヤマハ発動機は19日、100 - 125ccのモペット型二輪車の自動無段変速機構(CVT)として「Y.C.A.T.」(ヤマハ・コンパクト・オートマチック・トランスミッション)を実用化したと発表した。

Y.C.A.T.は「第41回東京モーターショー2009」に参考出品するとともに、2010年モデルのベトナム向け製品を皮切りに、ASEAN地域で導入予定のモペット型モデルに順次採用する。

Y.C.A.T.は、スクーター用で実績があるCVTを大幅に小型化したもの。エンジン側と後輪軸間に連結されていた変速ベルトをエンジン内に組み込むことで、モペット型車両の外観のままオートマチック化を可能とするシステムだ。

この技術は高弾性耐熱樹脂ベルトとの最適化を図ったシーブ(滑車)設計とし、冷却系の最適設計などで可能となった。

モペット型二輪車の変速機が置かれていた場所に新開発のCVTを収めることで、設計の自由度が広がる。Y.C.A.T.では、シーブ間の距離を通常のコミューター用CVTと比べ約40%、ベルト全長は約60%にそれぞれ短縮し、パワーユニットをコンパクト化できる。従来型モペット用エンジンとほぼ同サイズのクランクケースに収まるサイズで、燃費改善にも貢献する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集