【東京モーターショー09】日産 ルークス ハイウェイスター も登場

自動車 ニューモデル モーターショー
ルークス
  • ルークス
  • セレナ・ハイウェイスター
  • エルグランド・ハイウェイスター
日産自動車が第41回東京モーターショーに出品する『ルークス』について、商品企画本部日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャー、藤山修さんは、「日産ラインナップは軽自動車が増えてきています。その中でルークスは一番上に位置するクルマで、かつミニバンとしては一番下にくるポジションです」という。

「この両方の中で、一番上としての上質感であるとか、登録車としてのミニバンファミリーの中では質感や存在感を出すためにはどうしたらいいかを考えました」

「そのひとつの答えが、スポーティグレードの『ハイウェイスター』です。日産ミニバンスポーツモデルのアイコニックなところを引き継ごうと考えました」

「そういうことで、横基調のメッキグリルやスポーティなバンパーを採用しました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、バンパーのところに入ったライト下からフォグランプを巻き込むようなプレスライン。これは『セレナ』や『エルグランド』でも使っているラインなのです」

「横桟のメッキグリルは、セレナやエルグランドになるとグリルの寸法が大きいので、ルークスでは桟の数や太さはそれなりに工夫されていますが、これらがアイコンとなっています」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集