米国新車販売、41.4%減とさらに悪化…2月実績

自動車 ビジネス 企業動向

民間調査会社のオートデータ社は3日、2月の米国新車販売の結果を公表した。それによると、総販売台数は68万8909台で、前年同月比は41.4%減。1981年以来、27年ぶりの低水準で、16か月連続のマイナスとなった。減少幅が40%を超えたのは初めてだ。

前年同月比が約5割もの落ち込みとなったのは、GM、フォードモーター、クライスラーグループの米国ビッグ3。GM(サーブを除く)は首位の座はキープしたが、その販売台数は12万5458台で、前年同月比は53%減。3位のフォード(ボルボを除く)は9万5694台で48.2%減、4位のクライスラーは8万4050台で44%減と、企業存続が危ぶまれるほどの落ち込みだ。

日本メーカーのビッグ3も、前年同月比で約4割の減少に直面。2位のトヨタは39.8%減の10万9583台。主力セダンの『カムリ』は38.4%減の2万0634台、『カローラ』は11.1%減の1万8103台と振るわない。小型車の『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』/『ベルタ』)は49%減の4779台と、ここにきて販売が急減速している。

5位のホンダは前年同月比38%減の7万1575台。『フィット』が2.3%増の4247台、アキュラ『TSX』が4.1%増の2293台と引き続き好調だが、他の車種は2桁の大幅減だ。6位の日産は37.1%減の5万4249台。小型SUVの『ローグ』は5.6%増の5515台と好調だったが、大型ピックアップトラック&SUVを中心に落ち込みが続いている。

韓国2社は、いまのところ不振の波に飲み込まれていない。7位のヒュンダイは前年同月比1.5%減の3万0621台と1月の14.3%増からマイナスへ転じた。しかし、失業したら車両を返却すれば残債が免除される新ローン、「アシュランスプログラム」は好評なようで、乗用車系は3%減だったが、ライトトラック系は1.6%増の1万0352台を売り上げた。8位のキアは0.4%増の2万2073台と好調を維持。乗用車系は30.6%減と不振だが、ライトトラック系が31.4%増の1万4436台と乗用車のマイナスをカバーしている。

9位のフォルクスワーゲン(アウディなどを含む)は前年同月比20%減の1万8416台、10位のマツダは30.4%減の1万6401台、11位のBMW(MINIなどを含む)は34.7%減の1万5837台。

12位のダイムラー(メルセデスベンツとスマート)は前年同月比20.6%減の1万5629台だが、スマートは28.5%増の1415台と健闘。13位のスバルは1.4%増の1万3089台で、ライトトラック系が60.1%増の6419台と、新型『フォレスター』人気が持続している。

また、ポルシェは11.5%減の1518台だったが、乗用車系は『ボクスター』『ケイマン』のマイナーチェンジ効果で、11.9%増の1074台と伸びている。
 
米国2月新車販売で前年実績を上回ったメーカーは、キアとスバルの2社だけ。米国では毎月60万人規模で失業者が増えているといわれており、新車需要のいっそうの冷え込みは避けられない見通しだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集