【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
  • 【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
  • 【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
  • 【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
  • 【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
  • 【東京オートサロン08】ホットハッチファンを魅了する赤と青…三菱 コルト
思い切りアクセルを踏み込める。意のままに操れる。それが軽量小型ハッチバックの魅力だ。女性やエントリードライバーに優しいクルマとしてデビューした三菱『コルト』だが、スポーティな走りの素材としても秀逸。

それを証明するチューナーはあのラリーアートだった。東京オートサロンでは市販車の『COLT RALLIART Version-R』をベースとしたホットハッチを提案する。

■COLT RALLIART Version-R GIA SPECIAL

4年間のコースを持ち、世界に通用するメカニックを養成するGIA新潟国際自動車大学校と三菱自動車がコラボレーションしたコルト。エアロキットはGIAスペシャルエアロキット。インテリアはPIVOT製のブースト計、油温計、レーシングモニターを装備。マフラーはGIAスペシャルデュアルマフラーで、ブレーキはENDLESS製。18インチタイヤが力強い走りを予感させる。

■COLT RALLIART Version-R BLUE SPECIAL

三菱自動車の企画・開発・営業部門がコルトにとことん手を入れた。エンジンフードを開けるとラリーアート製の各種パイピングキットが施されていた。マフラーもスポーツマフラーに換装し、吸排気系のリファインを実施。

注目はボディ。なんとドア開口部に連続シーム溶接を施して剛性をアップさせている。側面シルエットの半分以上の面積がドアとなっているコルトは乗降性の良さが人気。しかし、その開口部がスポーツドライビングを不安にさせる。そんなスポーツ志向のドライバーを納得させる職人技だ。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集