【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
  • 【東京モーターショー07】トヨタ クラウン ハイブリッド…量産型プレビュー
トヨタ『CROWN HYBRID CONCEPT』(クラウン・ハイブリッド・コンセプト)は、近日フルモデルチェンジされる同社の高級セダン『クラウン』の新型モデルのプレビューという位置づけの参考出品車。車名が示す通り、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されている。

このハイブリッドシステムは、基本的にレクサス『GS450h』に搭載されているものと同じもので、3.5リットルV6エンジンと2モーター式のTHSIIを組み合わせたものだ。駆動方式もRWDと変わらない。異なるのはシステム全体の出力特性と、エネルギーマネジメントのソフトウェア。あくまでパワー志向のレクサスGS450hに対し、より燃費性能を重視したセッティングになるという。

エクステリアは現行クラウンからの正常進化というイメージ。ここ数年のトヨタ車のトレンドに従い、ボディ塗装の鏡面仕上げやボディ外板の工作精度アップなどによる品質感のさらなる向上が図られている。インテリアも現行モデルのコンサバティブ路線を踏襲するが、メーターパネルを全面液晶の「ファイングラフィックメーター」とし、アナログメーターや運行情報などのインフォメーションを状況に応じて適切にドライバーに伝えるという提案が目新しい。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー07】ボルボ、プラグインハイブリッドやアルコガードを出展 画像 【東京モーターショー07】ボルボ、プラグインハイブリッドやアルコガードを出展
  • 【東京モーターショー07】マツダ プレマシー にRE?…実は水素自動車 画像 【東京モーターショー07】マツダ プレマシー にRE?…実は水素自動車
  • 【東京モーターショー07】CR-Xは意識していない…ホンダ CR-Z 画像 【東京モーターショー07】CR-Xは意識していない…ホンダ CR-Z

特集